疲れを毎日感じるようになったのは、長年勤めてきた会社で昇進し係長になってからです。
今までの平社員とは違い、頭を使うことが多く、夜眠れないことも、あり困っていました。
そんなある日、書店で脳内ホルモンに関する書籍に出合い、

読みやすそうなので購入しました。
内容には、読経とか音読とか色々方法が書いてあり、医学的にも証明されている内容とのことでした。
私の実家はお寺でしたので、兄が継いでいますが、昔からお家柄でお経を読んでいました。
私は脳の疲れにもいいとは知りませんでしたが、十数年ぶりにお経を実践しました。
本の音読もそうなんですが、お経は別の考え事をしていたら、声に出して読めませんので、集中力が必要です。
そこが、ポイントらしいのですが、その雑念にとらわれず読む、そうしているうちに、気持ちよく何も考えず読めるようになります。
眠りにつきやすくもなりました。
私はこの方法で、以前より疲れが取れやすくなりました。

よりキレイを目指す“あなた”にお奨めしたい美顔器

おすすめ: