‘キャッシング’ カテゴリー

新生銀行グループ ノーローンの増額審査 

はじめにローンで借り入れが出来る上限は決まっています。額は借り入れ希望者の収入や状況に応じて設定されています。そこから増額したい場合は改めて審査を受ける必要があります。新生銀行のノーローンではホームページからいつでも増額依頼を出すことが出来るようになっています。ホームページの会員ページから増額以来を送るとすぐその場で審査結果が分かるようになっています。電話での連絡がなかなか出来ないという人でも利用しやすくなったと口コミでも好評でした。増額後すぐに融資を受けたい場合はリアルタイム取引を利用するといいでしょう。増額審査においては信用情報を見られますのでいくつか注意しておきたい点があります。まず、他の会社などで新たな借り入れを行っていないほうがいいでしょう。また、返済状況が良くないと増額は見送られる可能性が高いので滞納がある場合はまず返済を行うようにしましょう。増額については契約後一定の期間が過ぎるとダイレクトメールが届くこともあります。その期間に満たない場合、とくに新規で契約してすぐなどは審査で見送られることもあるようですね。

キャッシングが気軽に利用できる

プロミスからの借り入れは、ネット、電話、店頭窓口、ATMなど4カ所からお申し込みが可能です。
三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座をお持ちであれば、受付終了から10秒程でお金が振り込まれるサービスをご活用いただけます。
女性専用ダイヤルや30日間無利息サービスが準備されているのもプロミスのキャッシングのセールスポイントです。
ネットが世間に普及してからはPCやスマートフォンなどからも借金できるようになったので、気軽に利用することができるでしょう。
また、キャッシングが可能になるのは18歳、或いは、20歳以上である人かつ職に就いている人で一定の収入がある人になります。
Read the rest of this entry »

キャッシングによる借金が返せない場合

プロミスで行っているキャッシングは、ネット、電話、店頭窓口、ATMの4箇所から申し込み頂くことが出来ます。 Read the rest of this entry »

10万借りたい

キャッシングのWEB明細サービスを使うことにより、家族の目の届かないところで借り入れを行うことができます。

もちろん、キャッシングをすることは非難されるようなことではありませんが、どうしても家族から隠れて行いたい方も少なからずいます。

キャッシング会社からキャッシングの明細が送られて明るみにならないよう、オンライン明細を利用するのが一番の選択肢です。

アルバイトやパートの方でもキャッシングを利用してお金を借りられると言われています。

ある程度の収入が毎月あると確認できれば、返済能力があると判断されるので、無事、審査をパスすることができます。

無事審査を通過しても、返済のことをきちんと考えた上でお金を借りないと、後々、お金を返せなくなり困ってしまいます。

手軽にお金が手に入るので忘れがちですが、借金は借金なので、お金を返せずにいると大変なことになります。

キャッシングするには、審査される必要があります。

審査に落ちた場合は融資をしてもらえません。

業者によって、審査基準は少しずつ変わっていて、厳しい条件となっているところと低いところがあります。

金融業者の大半が、審査基準の高い方が低金利などの利点が存在するでしょう。

世の中便利になったもので、1から10までスマホでOKな、キャッシングサービスを提供する会社も目立ってきました。

最初はスマホで、本人確認は写真の送信でOKで、一連の審査作業が済めば、自分の口座に振り込まれるのを待つだけです。

アプリ対応の会社であれば、一連の作業も困る事なく進み、あっという間に終わってしまいます。

アコムが提供しているキャッシングサービスを初めてご利用される時は、最大30日間は金利がかかりません。 Read the rest of this entry »

アコムの店舗

アコムの店舗には、「店頭窓口」、「むじんくん(自動契約機)」、「三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナー」があります。店頭窓口は、利用する際の不明点などの相談に乗ってもらえる有人窓口で平日の9時30分から午後6時まで営業しています。新規の契約で店舗に来店するならむじんくんという自動契約機がお勧めです。直接担当者には会わないのですが、操作が分からなくても間接的に担当者から教えてもらいながら契約を勧めることができる便利な契約機です。窓口より遅い時間までやっていて午前9時~午後9時まで年中無休で利用できますし、一部には午後9時半までやっているむじんくんもあります。三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーは、アコムの自動契約機が設置されています。全ての店舗にあるわけではなく、店舗が限られているのでホームページで確認してから来店するのがオススメです。他に、全国のアコムの店舗にはATMが設置されていますし、提携ATMを使って融資を受けたり返済することも可能です。提携ATMは、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、イーネット、ゼロバンク、セブン銀行、ローソンATM、三井住友銀行、地方銀行など豊富に取り揃えてあります。イーネットは、ファミリーマートやミニストップなどのコンビニにありますので、大半のコンビニで利用できてアコムの店舗まで行かなくても借りたり返したりできます。

アコムの審査基準

インターネットの口コミを見るとこの消費者金融の審査基準は甘いとか辛いというようなことが沢山書かれていますよね。実際にアコムの審査基準はどうなのでしょうか。アコムは、20歳以上69歳までの方が融資の対象になるので10代や70代以上の方は無条件ではじかれてしまいます。正社員はもちろん、派遣、パート、アルバイトどんな働き方でも毎月の一定収入があれば、融資してもらえる可能性が高いです。初めての取り引きなので、借りることができても希望額を満額最初から融資してもらえるとは限りません。しかし、しっかり返済を続けていると、途中から増額してもらえる場合も多いです。アコムの利用最大額は500万円ですが、消費者金融は法律で年収の1/3までしか貸せない決まりになっています。他社での借り入れがある場合には、他社借り入れも含めてということになります。ですから、利用最大額の500万円を借りるには単純に考えて最低でも1500万円以上の年収が必要になります。今までに債務整理をしたり返済できなかったことがある場合には、信用情報がブラックになっていて借りられない場合もあります。逆に今まで消費者金融で借入したことが無い30代以上の方は、スーパーホワイトと言って信用情報が全く無いので貸してもらえないというケースもあるようです。

キャッシングとローンを間違わないように

親や親族からお金を借りる場合の印象良く感じる言い訳として、1人暮らしの最中に突然会社から解雇されて生活することが困難になったり、生活費から学費捻出できなくなったりなどの了承せざるを得ない理由を語る事です。
娯楽費などの生活に必須でない言い訳を言う事は、避けた方がいいでしょう。
今すぐお金がいるといった場合には即日キャッシングといったサービスが非常に便利で頼りになるようです。
申し込みをしたその日のうちにただちに借り入れが出来ますので非常に助かるのです。
そのうえ土日であっても無人契約機を利用すれば簡単に契約ができますし、隣り合うATMで借り入れを行えます。キャッシングはローンと似ていることもあり、混同して使用する方もいますが、事実は違います。
Read the rest of this entry »

アコムの在籍確認

新規で借入を希望する場合に、在籍確認といってアコムから会社に電話がかかってきます。電話がかかってくるというと心配になりますが、個人名でかかってくるので安心です。本当に在籍しているかどうかを確認するだけなので、多くの場合、本人が直接電話に出られなくても在籍確認は可能です。例えば、「佐藤ですが○○さんはいらっしゃいますか」というような感じで電話がかかってきます。もし、個人名でも電話がかかってくるのがNGのお勤め先の場合には、「クレジットカードを作るので在籍確認の電話があります」と電話に出る担当者や上司に伝えておくと良いでしょう。クレジットカードを発行する際にも、消費者金融の在籍確認と同じように在籍確認があるからです。アコムとか消費者金融と言ってしまうと、お金に困っているとばれてしまいます。しかし、大人ならクレジットカードの1枚や2枚持っていて当然なので誰も怪しむことも無いのでオススメです。審査に落ちそうな場合には、在籍確認がされることはほとんど無く、アコムの在籍確認まで来れば、ほとんどお金を借りられる段階に入っています。

審査が簡単な場合が多い!

そのようなキャッシングサービスの利用法を知ってれば、とても生活の役に立つのです。借入する為の審査などが、中には面倒くさいと思う方もいるかも知れませんね。ですが、消費者金融業者では、審査が簡単な場合も多く、借入が少額ならば、収入証明書が不要で借入が可能となっているのです。
Read the rest of this entry »

ローンのシミュレーションをするとき

借りたお金をどうやって返すか考える時に、ローンのシミュレーションがあると、考えやすくなります。審査に一定の時間がかかるのが、一般的なローン商品です。お金を貸す以上は、貸し倒れ状態にならないよう、客を選ぶ作業が、金融会社にも必要になってきます。あまりシミュレーションをせずに、ローンの申し込みをしたというケースを考えてみましょう。 Read the rest of this entry »