1月, 2016

クレジット会社審査に通らない時

何も金融事故をおこした記憶がないのに、クレジット会社審査に通らない時は、あなたの信用情報を調べてみましょう。たとえば、全国銀行個人情報信用センターに出向き登録情報開示報告書見てみましょう。返済区分のところに”延滞”という記入があったら、いわゆるブラックという状態です。 Read the rest of this entry »

新生銀行グループ ノーローンの店舗

新生銀行グループ、レイクの店舗を見かけたことがあるという方は多いのではないでしょうか。契約機を設置している店舗は現在日本全国に763店舗に上ります。ノーローンはこれらの店舗のレイク自動契約コーナー、ATMで利用できます。ATMを使用した借り入れ、返済はもちろんはじめての申し込み、契約内容の変更や再契約の場合にもこれらの店舗を利用することになります。また、カード破損などにおける再発行の場合も店舗で発行してもらうかたちになります。ノーローンを利用する際は最寄りの店舗を把握しておくと良いでしょう。ほぼ全ての店舗が夜間も受付可能になっているので、仕事で遅くなったりするときにでも利用することが出来るのは嬉しいですね。申し込みはネットからも可能ですが、初めてで勝手が分からないというときには店舗で電話オペレータの指示を受けながら契約するほうが安心ですね。また、契約や契約変更で店舗を訪れる際は運転免許証や健康保険証などの本人確認書類、勤務証明書類などの在籍と収入がわかる公的書類を持参するようにしましょう。

新生銀行グループ ノーローンの口コミ

カードローンを利用する際は金利やサービスの質、返済のしやすさなど様々な点をチェックして決める必要があります。そのとき便利なのが実際に利用している人の口コミです。新生銀行のノーローンの口コミを見てみると、とてもいい評価のものが多いことが分かります。やはり一週間無利息サービスを高く評価している人が多いのが印象的です。急な出費で数万円が要り用、というときには無利息でさっと借りられてすぐに返せるノーローンを利用する、という人がとても多いようでした。また、審査スピードについても評価が高いようです。金利については少し高めだという声もありますが、無利息期間で返すことを考えているのであれば問題ない、との評価もありました。また、返済のしやすさについても好評です。コンビニから返済できるので時間が無くても利用しやすいとのことでした。電話での対応も問題ないようで、親切に対応してくれた、分かりやすい説明があったなどの声が多かったです。こういった実際の声を見てみると、広告とは違う面が見られて安心して利用することが出来ますね。

新生銀行グループ ノーローンの増額審査 

はじめにローンで借り入れが出来る上限は決まっています。額は借り入れ希望者の収入や状況に応じて設定されています。そこから増額したい場合は改めて審査を受ける必要があります。新生銀行のノーローンではホームページからいつでも増額依頼を出すことが出来るようになっています。ホームページの会員ページから増額以来を送るとすぐその場で審査結果が分かるようになっています。電話での連絡がなかなか出来ないという人でも利用しやすくなったと口コミでも好評でした。増額後すぐに融資を受けたい場合はリアルタイム取引を利用するといいでしょう。増額審査においては信用情報を見られますのでいくつか注意しておきたい点があります。まず、他の会社などで新たな借り入れを行っていないほうがいいでしょう。また、返済状況が良くないと増額は見送られる可能性が高いので滞納がある場合はまず返済を行うようにしましょう。増額については契約後一定の期間が過ぎるとダイレクトメールが届くこともあります。その期間に満たない場合、とくに新規で契約してすぐなどは審査で見送られることもあるようですね。

クレジットカード決済

お財布にお金が入っているかどうかを気にすることなく買い物ができるクレジットカードの決済は、日々の買い物を気軽なものにします。

ですが、使いすぎると過重債務になってしまうこともあります。

複数のクレジットカードを使って過重債務になってしまうと、1ヶ月の間に何回も返済日があることになります。

口座にクレジットカードの返済が可能な金額が入っているかを頻繁に見ておかないといけなくなり、煩雑さが高くなります。

たとえ、クレジットカードさえあればその場での決済は問題なくできるとしても、後々大変な思いをするのなら、本当に買うべきかどうかをよく考えるべきです。

毎月のクレジットカード会社の明細はこまめに確認して、身に覚えのない購入履歴などが記載されていないかをチェックしておきましょう。

また、リボルビング払いという支払いが、クレジットカードの支払いではよく使われています。

これなら支払い金額を安定させることができます。

リボ払いは分割払いと似ているので勘違いする人も多いようですが、リボ払いと分割払いでは、返済方法としてはかなり違っています。

何回で返済を完了させるかを決めてから、月々の返済額を決めるのが分割払いです。
なので、いつ完済するかがすぐわかります。

対してリボ払いは毎月の支払い額を決め、残った返済額を翌月以降に繰り越すものです。
クレジットカード決済額が多くなると、リボ払いにすれば月々の負担は少額でも、いつまでも支払いが終わりません。

リボ払いで返済をしていると、毎月の返済額は一定額以下にすることが可能ですが、いつまでも返済を続けなければいけなくなってしまうことがあります。

クレジットカードを用いた決済をする時には、支払いでトラブルが起きないように、先々のことを考えながら利用しましょう。
健康・美・お金