クレジット会社審査に通らない時

何も金融事故をおこした記憶がないのに、クレジット会社審査に通らない時は、あなたの信用情報を調べてみましょう。たとえば、全国銀行個人情報信用センターに出向き登録情報開示報告書見てみましょう。返済区分のところに”延滞”という記入があったら、いわゆるブラックという状態です。

借りたことがなかったり、支払いに遅れがないのに登録があったらちょっと大きな問題なので職員の方に相談しましょう。”延滞”は、毎月の支払いが3ヶ月以上滞るとつきます。全国信用情報センター連合会は延滞解消後1年で抹消されますが、銀行とクレジット会社は5年残るそうです。ただし、3ヶ月で登録されてしまう方は電話連絡が取れないとか、引っ越してしまって住所がわからないなどローン会社が”どうしようもない状態”であることが多いようです。遅れながらでも何とか支払いを続けていたり、連絡が取れている場合は必ずしも登録されてしまうわけではなさそうです。自分がブラックだと思っていたけど、調べてみたら何にも登録されていなかったなんてこともあるらしいです。
延滞後全額完済したとしても5年間”完了”として残っていますので、審査時に担当者が端末をはじけば(センターに照会すれば)「現在延滞中(若しくは延滞解消後1年以内)」「この人は、完済したけど延滞あり」といった情報が一発でわかってしまうというわけです。
お金を借りる方法・即日融資はネット申込み・カードローン比較