憧れのマイホームで田舎暮らし!

2014年、当時32歳にして、憧れのマイホームを手にしました。その年でそんなにお金を貯めているわけもなく、住宅資金の大部分を住宅ローンに頼っています。返済期間は35年!

自分たちの思い通りの家が建てられるように完全注文住宅にこだわったことから、土地と建物は別の契約となりました。
そのため、ローンは土地と建物をそれぞれ返済している状況です。

広い庭と周辺環境に制約されない家づくりをしたかったこともあり、田舎に家を建てました。その分土地が安かったのが救いです。
土地が安く上がった分は設備のスペックを上げてこだわりの家となっています。中でもお気に入りは無垢材をふんだんに使ったオーダーキッチンと、家全体を暖めてくれる薪ストーブです。

薪ストーブなんて都会に住んでいたらとてもじゃないけどつけられません。

煙突からの排気も気になるし、薪の保管場所を確保することも難しいし…。そんなことを一切気にせず、好きなだけ趣味を満喫できる田舎暮らしにとても満足しています。