信用情報の確認で審査前のトラブル対策

クレジットカードの審査にはブラック脱出ができているかが重要ですよね。信用情報の開示によって審査前に落ちる要因をさがしてつぶしておくことでクレカ取得につながります。

ブラックリストは存在しない!?確認するのは個々信用情報です信販店先やサラ金などのファイナンス会社で、過去に決断の遅延や借金の滞りの踏み倒しを通してしまったことががある個人は、ブラックリストに登録されていると思っている人も多いようです。

しかし、実際にはファイナンス店先共通のブラックリストという名前のものはこの世に存在しません。

実際には個々信用情報機関へ売却キャリアーが登録される構成となっています。

いつどのくらいの借金の滞りをしたか、毎月の支出風向きについてファイナンス店先が定期的にキャリアーを登録しているんですね。

個々信用情報機関は、銀行系、信販店先つながり、サラ金つながりと大きくわけると3つの会社で管理されてあり、それぞれの情報をshareもしている。

ブラックリストと呼ばれるものはないんですね。

信用情報に事故情報があることがブラックリストと呼ばれていたことがわかりました。

自分の信用情報になにか適切かどうかは、各信用情報機関へ本人が開示請求すれば、登録されているキャリアーを確認くださるです。

CICの開示についてはダイナースの審査が瞬殺されたワケと対策にも書かれています。

何も決断の滞納などファイナンス災禍を起こしていないものの、誤って信用情報に変更情報として登録されている場合には、開示請求によりキャリアーを確認してファイナンス店先に関して訂正依頼をして取り消してもらうことができます。

個々信用情報機関へ登録される期間は、ファイナンス店先が情報を登録してから最高5通年または一部の機関では10通年となっています。

新規にクレジットカードやカードローンを頼む際には、個々信用情報機関の情報を見るので、事前に変更などの事故情報がないか確認すると安心ですね。

不安定として、過去に負債調節を行った場合は個々信用情報機関への表記日時を過ぎると情報は削除されますがファイナンス店先の自社情報としてはブラックリストとして留まるので、申し込みことが過去に負債整理したファイナンス店先集団では弱いか調べておくことも重要となります。

そうした意味でも定期的に信用情報を確認しておくことは要所ですね。