低金利でお金を借りることができる教育ローン

授業料や、入学金にするお金が不足している場合は、教育ローン融資を受けるといいでしょう。

フリーローンとは、借り入れた現金を何のためのお金にしてもいいということですが、目的的型ローンはお金の使い道に条件があります。

目的型ローンの中でもよく知られているものが教育ローンです。

教育ローンでは、教材費、授業料、入学金などに使えるお金になります。

教育ローンによく似たものに、奨学金があります。

奨学金も使い道は制限されていますが、学生本人が融資を受け、本人が返済をするというものです。

一方で、教育ローンのほうは無担保で借りられる国や銀行の融資であり、教育資金が不足している時などに助かります。

基本的には保証人はいりませんが、額が大きくなるとその限りではありません。

教育ローンの融資限度額は、300万円~500万円くらいが一般的ですが、金融会社によって上限の設定の仕方は違っています。

他の金融商品と比較しても低い金利で融資を受けられることが教育ローンのメリットです。

目的型ローンは、フリーローンよりも低い金利に設定されているところが多いようです。

消費者金融 スマホ アプリは18%かそれより少し低いくらいですが、教育ローンは2~3%という低金利です。

また、目的型ローンは、年収の3分の1を越える借り入れをしてはいけないという総量規制が該当しません。

そのため、総量規制に関係なく融資を受けることができます。

5~10年かけて返済をするというタイプが多いので、月々の返済が家計を圧迫しないで済みます。

子供の進学先が決まった時に、想定外の入学金や授業料がかかることがありますが、そういう時には教育ローンが役立ちます。